> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
阿久根市長つかみ合い「今後も議会に出ぬ」とも(読売新聞)
 マスコミが議場にいるとして市議会への出席を拒否している鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)は29日夜、反市長派市議が市内で開いた議会報告会に姿を見せ、「今後も議会には出席しない」と宣言。

 「反市長派には市政運営に参加させない」とも挑発し、辞職を迫った市議とつかみ合いの騒ぎとなった。

 報告会は、反市長派の12議員でつくる勉強会が主催し、市民約70人が参加した。市長も来場し、「(議員が)うそを言わないか監視しに来た」と答えると、報道陣を携帯電話のカメラで撮影するなどした。

 市議が市長の出席拒否で予算案審議が打ち切られたことなどを説明し、質問を募ると、市長が挙手して「市民には市政のことは何も知らされていない」と持論を展開。「不信任のままの議会には出席しない」などと言い放ったため、参加者の男性が「早よ辞め」と叫び、市議らがマイクを奪おうと詰め寄った。

 さらに終了後、市議の一人が「辞職すべきだ」と市長を諭すと、市長が市議の首に手を回してつかみ合いとなり、市民に制止される事態となった。

郵貯限度額、修正可能=仙谷担当相(時事通信)
「先祖返りだ」郵政改革法案に自民が反発(産経新聞)
<普天間移設>「県外」組み合わせ提示 沖縄知事に防衛相(毎日新聞)
2歳長男虐待死で被告の母親「私なりにかわいがってきた、結果だけ見ないで」(産経新聞)
<体重>中年の急増急減、死亡リスク高く 厚労省8万人調査(毎日新聞)
[PR]
# by pfuxzu1rvx | 2010-04-02 14:26
五輪招致断念 広島市長は苦渋の表情(産経新聞)
 五輪招致検討費の削除を盛り込んだ新年度当初予算の修正案を25日、可決した広島市議会予算特別委員会。「被爆地で開催する意義」を訴えてきた市側に対して、巨額の財政負担に反発する議会側が明確な拒絶を示す格好になった。事実上の招致断念に追い込まれた秋葉忠利市長は、苦渋の表情を浮かべて議会を後にした。

 「市民の代表である議会に何の相談もなかった」。検討費削除を提案した自民系会派の市議は、委員会の冒頭で、招致構想が発表された昨年10月当初からの「ボタンの掛け違い」を指摘。さらに「多額の支出について市民の理解も得られていない」と批判した。

 これに対し、別の市議は「市民の理解を得るための検討費ではないか」などと反論。しかし採決では、出席者53人のうち削除を提案した自民系2会派と、公明などの計28人が同案に賛成、26日の本会議でも可決される見通しとなった。

 約1時間の審議を厳しい表情で見守った秋葉市長は、記者から今後の対応を問われると「(26日の)会見で話します」とだけ答えて足早に議会を去った。

 市の担当部長は「議会が『ノー』を示した以上、予備費を招致検討に流用することも難しい。招致検討委の参加自治体には、明日の議決後に事実関係を説明したい」と話した。

【関連記事】
「非常に残念」と長崎市長 広島市の五輪招致予算削除
広島市の予算削除、五輪をマイナスにみた? JOC、4月に市長と面会へ
広島市が五輪関連費を削除 秋葉市長に大きな痛手
広島市、五輪招致断念? 関連予算を削除案、可決も
“幻の被爆地”北九州市が非核都市宣言 広島、長崎市長もコメント
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<京都刑務所>低体重状態で受刑者死亡 立件視野に捜査(毎日新聞)
子どもの心の診療提供、医療計画に「記述あり」は2割弱(医療介護CBニュース)
28県議会…外国人参政権反対、大阪市会も意見書提案へ(産経新聞)
出馬辞退の前田日明氏「話が違う」民主党に激怒(スポーツ報知)
児童ポルノ担当を新設=検視、危機管理も体制強化−警察庁(時事通信)
[PR]
# by pfuxzu1rvx | 2010-03-31 05:05
国宝馬具、18年ぶり里帰り=奈良県斑鳩町〔地域〕(時事通信)
 1985年に豪華な副葬品の大量出土で全国的に有名となった国の史跡・藤ノ木古墳(奈良県斑鳩町)。中でもとりわけ注目を集めた馬具「金銅製鞍金具」(国宝)が、「斑鳩文化財センター」で公開されている。地元での展示は18年ぶり。
 展示されているのは、同古墳の出土品(約3万点、いずれも国宝)のうち、金銅製鞍金具(前輪と後輪)、金銅製辻金具など62点とレプリカなど計87点。普段は県立橿原考古学研究所付属博物館(奈良県橿原市)が保管・展示しており、金銅製鞍金具は同町では92年4月に4日間特別公開されただけだった。
 同センターは、同古墳や斑鳩の歴史文化の紹介・情報発信施設として20日にオープン。小城利重町長は「多くの人に藤ノ木古墳をはじめとした斑鳩町の素晴らしさを認識してほしい」と話している。国宝展示は28日まで。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕城下町の個人宅70軒がひな人形を公開=兵庫県たつの市
〔地域の情報〕「おやきを食す日」制定=長野
〔地域の情報〕拉致市川さん父「110歳まで生きる」=鹿児島
〔地域の情報〕区営リゾートホテルをリニューアル=東京都江戸川区
〔地域の情報〕珍品種に「容保桜」と命名=京都

日米密約 衆院委で参考人質疑「重要文書引き継いだ」(毎日新聞)
「離婚する確率」30% 40年前の4・5倍に 厚労省統計(産経新聞)
犬無許可飼育で書類送検(産経新聞)
子ども手当法案成立へ “2つの欠陥”置き去りのまま…(産経新聞)
銭湯 三重・答志島で140年 「元湯」が廃業(毎日新聞)
[PR]
# by pfuxzu1rvx | 2010-03-28 00:21
2歳長男虐待死で被告の母親「私なりにかわいがってきた、結果だけ見ないで」(産経新聞)
 夫(35)とともに2歳の長男をごみ箱に長時間閉じこめて窒息死させるなどしたとして、監禁致死罪などに問われた無職、菅野理香被告(35)の裁判員裁判の第3回公判が25日、東京地裁(井口修裁判長)で開かれた。男性裁判員は被告人質問で「なぜ、きょうだいのうち長男だけ(虐待して)死なせてしまったのか」と質問。菅野被告は「私なりに長男もかわいがってきた。結果だけを見ないでほしい」と、愛情を注いでいたとを訴えた。

 この日は引き続き論告求刑などが行われ、判決は26日に言い渡される。

 検察側は「長男をごみ箱から出すのは容易だったのに助けなかったことなど、重要な役割を果たした」と指摘。弁護側は「虐待行為への関与は少なく従属的。暴力をふるわれる恐れがあったので夫を止められなかった」と主張している。

 起訴状によると、菅野被告は夫=同罪で懲役11年が確定=と共謀し、平成20年12月23日未明、自宅マンションで長男、優衣(ゆい)ちゃんをごみ箱に入れてふたをした。さらに上からポリ袋をかぶせてゴムひもを巻き付け、ベランダや居間に同日夕方まで放置し、窒息死させるなどしたとされる。

【関連記事】
夫婦で主張食い違う 2歳長男虐待死、母親公判
2歳長男虐待死公判 夫の公判担当の裁判員「あれでよかったのか…」
2歳長男虐待死公判、なぜ長男だけ標的…夫婦仲悪い時の子に愛情注げず
2歳長男虐待死、妻の初公判 生々しい検察と弁護側の応酬
「まま ずうっとすき」継母はなぜ虐待したのか

<名古屋市長>支援団体2人辞任「信頼できない」(毎日新聞)
DNAで大麻の「種子」判別へ=幻覚成分なくても鑑定可能−石川県警(時事通信)
【暗流 公益法人の闇】黒澤財団、寄付金流用(産経新聞)
<人事>防衛省(毎日新聞)
「たまゆら」の悲劇防げ―NPOが地域密着の高齢者介護施設を提案(医療介護CBニュース)
[PR]
# by pfuxzu1rvx | 2010-03-26 17:06
<消えた年金>第三者委の廃止検討 総務省は行政評価に集中(毎日新聞)
 政府は21日、「消えた年金」の記録訂正の可否を判断する総務省の「年金記録確認第三者委員会」を廃止する方向で検討に入った。第三者委に代わる新組織を厚生労働省に設置する案などが浮上している。「消えた年金」問題が深刻化したため総務省は、他府省の政策執行過程などを点検する行政評価を減らして年金問題の解決に業務を集中してきた。政府としては第三者委を廃止して行政評価機能を回復する一方、新体制で年金問題の早期解決を図る構えだ。

 第三者委は、自公連立時代の安倍晋三政権下で発覚した「消えた年金」問題を解決するため、07年6月に発足した。公平・公正さをアピールするため、年金を所管する厚労省ではなく総務省に設置された。弁護士や税理士などが委員を務め、年金記録の回復の可否を審査する。事務局は中央委は行政評価局、全国各地の地方委は各管区行政評価局などが務め、中央委約50人、地方委で約600人の職員が従事している。

 これまで第三者委に訂正の処理が申し立てられた件数は約14万件。約11万件の判断を終えたが、申立件数はまだ日々増えている。総務省は、定員(中央委で35人)以上の職員を評価局の別部署から充てて対応しており、行政評価が十分にできなくなった。評価対象のテーマは、第三者委設置前は年12本程度だったが、設置後は年6本程度と半減した。

 行政評価については、政府の行政刷新会議が昨年末の「事業仕分け」で、不要な政策や経費の無駄遣いをあぶり出し、結果を予算に反映させるために機能を強化する方針を決定した。総務省も強化策を今月中にまとめる方針だ。第三者委については問題の発覚後に急きょ設置されたこともあり、「審査が厳格すぎる」「解決に時間がかかる」などと指摘する声も上がっていた。

 ただ、厚労省を中心に「政権が代わっても厚労省への国民の目は厳しい。新組織を厚労省内に設けても理解は得にくいのではないか」と第三者委の廃止に慎重な意見も根強い。【石川貴教】

【関連ニュース】
原口総務相:自殺報道照会「今後、十分に注意」
原口総務相:遅刻で謝罪 参院総務委が中止
原口総務相:出版パーティー開く 会費2万円で「質素」に
夕張市:総務相、再生計画同意 全国初「財政再生団体」に
原口総務相:NTT労組からの献金300万円 返金を表明

「外国人学校と差設ける必要ない」 朝鮮学校無償化で兵庫知事が見解(産経新聞)
足利事件判決公判で録音・録画を 民放連が声明
安全委にエレベーター部会=来年にも法改正、遺族に報告−前原国交相(時事通信)
【医薬最前線】第1部 ドラッグ・ラグの行方(3)混合診療「なぜ自己負担」(産経新聞)
「裁判員裁判は違憲」と控訴=覚せい剤事件の被告側−東京高裁(時事通信)
[PR]
# by pfuxzu1rvx | 2010-03-24 12:56
   

秀麻呂独り言
by pfuxzu1rvx
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧